« 桧木内の紙ふうせん | トップページ | 横手のかまくら »

2011年3月 8日 (火)

男鹿柴灯祭り

Nama1s Nama2s Nama3s

去る2月11日数年ぶりに男鹿の柴灯祭りに行ってきました。祭りは11日~13日まででしたが初日午後出発し、この時は天気もまずまずで気温も低くなく久しぶりの長距離ドライブが出来る思いと、盛大な祭りの期待との思いを重ねながら気分良くハンドルを握りました。大曲から国道13号線は走行車線にほとんど雪はなく、秋田の7号線に合流、それからは全く雪はなく101号を男鹿に進み、トンネルを抜けて北浦ナマハゲラインに折れてひた走り、左に新山神社を目指しました。
 まもなく新山神社近くの駐車場にと思いきや、もうこの時は第三駐車場に案内され駐車料1,000円を徴収されました。今回初めての徴収でしたが、ここから祭り会場までの距離を思うと少し高価な感じがしました。私の隣に長野ナンバーの車が駐車したので、1人の中年の男性でしたが、声を掛けようと思っているうち足早に行ってしまい掛けそびれてしまいました。 この時4時過ぎだったと思いますが、もうすでに第三駐車場も締め切られ第四駐車場に案内されていました。
 男鹿駅と温泉郷からの臨時バスも2台も連ねて満員で運行していました。第三駐車場から鳥居を潜り暫くの参道を右側の石段の奥のなまはげ館、その左の伝承館と一際明るく観光客が大勢列をなしていました。折りしも16時から両館とも入場無料でしたからそのこともあったと思います。
 まもなく右側の石段を上がり、真山神社、社殿手前本部テント前で48回なまはげ柴灯祭りのパンフレットをいただき、社殿左側の山から駆け下りる石段の下に逸早くとの思いで三脚を据付けては見たものの、その時はほんの2~3人のものだったと思っていたのが、瞬く間に大勢になってしまいました。
 今回は仮設パイプで立見席2ケ所も設けられていました。私はなまはげが降りてくる階段の一番よく見える場所に陣取っていた積りでしたが、社殿の世話人らしきかなりの年配の人が、私にこの場所は太い杉木立の陰になってなまはげの勢揃い姿が見えにくく、左の方に寄った方が良い写真が撮れるだろうと耳打ちしてくれました。
 数年前になりますが今まで2回も写真を撮りに来た時と、今日の全然様子の違いに気が付いた時には大分遅きに失した感がありましたが、どうにか左寄りに移動して位置を確保することが出来ました。案の定すぐ後と横のカメラマンに見えないぞ、等と声を掛けられましたがこの一画の場所に一番早くからの陣取りに免じてと自分勝手の解釈で今回初めての入魂の儀の写真を撮ることが出来ました。
 この19時からのなまはげの入魂の儀は、社殿奥の山から石の階段を降りて来た15人のまだ面を付けていない鬼たちにここで儀式を行い、赤い面と青い面とを代表の鬼に神主さんが渡した所で、一斉に赤青の面を付けてさっき降りて来た石の階段を駆け上っていく、これが入魂の儀だったのです。
 私の次の目的は、19時55分からのなまはげ下山の儀です。広場の右奥の下山道になまはげが松明をかざし雪山から降りてくる勇壮な姿を1枚のチャンスに託す、まあそんな心境で降りてくる真正面に陣取っていました。まもなく両脇の篝火にも点火され、舞台は整いました。下山間近19時55分遠くの山並みからウォーウォーと雄叫びを上げながら目の前の下山道に近づいてきました。先導に続いて松明を掲げ雄叫びを上げたなまはげ達が篝火の火の粉を舞い上げ、目の前を駆け下りてきた刹那、デジカメかストロボかの何らかの不手際で発光されませんでした。映像がなくがっかりしましたが、又来年くればいいやと強がりをつぶやいた積りが寒さで口をもぐもぐさせながら、まずは母さん達のうどんを食べることにし、食べ終わって今度はソバも食べました。広場の柴灯火ももう大変な勢いで、広場のスピーカーも柴灯火に当ると一年間無病息災だからと大きく響かせていました。
 なまはげ達は雄叫びを上げながら観客のもとに降り立ち、境内を練り歩き護摩餅を配ったり行事で観客も最高潮、広場の奥神楽殿ではなまはげ行事の再現、なまはげ踊り、なまはげ太鼓等の催しにも大勢の観客の賑わいを見せていました。
 臨時バスの帰途の時間案内のアナウンスも数回あり、8時20分過ぎ、静かにフィナーレを迎え、中央の柴灯火も勢いをなくし、観客も疎らになってしまいました。
 この広場はそんなに大きくなくとも、その分なまはげと観客が一つになって熱気あふれる独特の祭典に心温まる思いがしました。帰り際、明日も来ようかなとふと思いましたが、ここは一旦家に帰ってからにしようと車に乗り込みました。

       松明に   ゆらめく   鬼の男前

       雄叫びの  鬼の顔見て   子の叫び

                            武男

« 桧木内の紙ふうせん | トップページ | 横手のかまくら »

旅行・地域」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ