« 男鹿柴灯祭り | トップページ | お見舞い申し上げます »

2011年3月 9日 (水)

横手のかまくら

Kama1s Kama2s

 2月11日横手のかまくら前夜祭に久しぶりに出掛けることにしました。
 目当ては横手のシンボル横手城のかまくらに予定を立てて、まずは城に近い駐車場にに到着、ここは城の東側になった所で、城まで5~6分のこの駐車場には私が到着してからも次々と観光客が訪れていました。私は一寸下見をと思い、城の横手公園に上がってみました。
 城とその前階段の登り口両脇にかまくら2基と手前一段高い所にも2基、城の間近左寄りに2基のかまくらが作られていました。カメラマンの方が1人、城を真正面に三脚を構えていて、外にはほとんどまだ写真の準備をする人はいませんでした。でも見物客は多く、城の見学等子供連れも多くいました。城をバックに子供連れ、幼児連れの人にシャッター押しを頼まれたりして私も微笑ましい気分を味わう事も出来ました。
 城の内部見学も今回は100円とのことと、祝日でもあり一段と賑やかさを増していたように見えました。
 城の回りも散策してひとまず車に戻りました。かまくらに灯がともるのが6時からとのことでまだ2時間もあります。こんな時にはホームページのお知らせ版の原稿を書いたり、下手な俳句を考えたり演歌を聞いて一寸感傷的になったりでまもなく時間がたってしまいます。
 6時を過ぎて公園に上がってみますと、かまくらには灯がともり通路脇のミニかまくらにも灯がともり観光客も多くなって来ました。かまくらの中の子供達との触れ合い、お餅を焼いたり、甘酒をいただいたりの体験希望者がどのかまくらにも列をなしていました。
 私の写真には城はよく写っていませんが、ライトアップされて城とかまくらとの調和、横手市ならではのゆったりした情緒あふれるふる里の観光地、そんな印象を受けました。
 この公園を後にし8時頃市横手地域局前のかまくらにも駆け付けました。6基以上あったと思いますが、ここでも体験希望者の列がどのかまくらにも長く続いておりあらためて横手雪祭りは冬の東北を代表する祭典だと思いを強くしました。
 9時頃又横手公園に戻り散策を追え車に戻りました。
 10時頃家に着いて妻に色々語らいビール一本空けてしまいました。

             かまくらに   ミニにもともり   雪の里

             甘酒を   お客にすすめ   子の笑顔

                                         武男

« 男鹿柴灯祭り | トップページ | お見舞い申し上げます »

旅行・地域」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ