« 武家屋敷と桜 | トップページ | 田植えが終わりました »

2011年5月17日 (火)

昔の農作業と暮らし 4

7s  9s  

 足踏み稲扱機を据付して作業する場所ですが、土間とは言わず「にわ」と言っていました。
 ギヤの噛み合わせに油入して朝暗いうちからゴオンゴオンと片足で適当の間隔で折り曲がった金具が一杯付いた丸い回転胴を勢いよく回転させ、それに稲束を押し当てて籾と藁を分離させる作業ですが、藁は藁で丁度の束にして屋外に放り出しておいて、籾の選別は特に手間のかかった作業だったと思います。
 直径80cm位の藤づるで作られた「通し」というものに籾を入れ、両手で持って適当に揺らして直に落ちた籾と「通し」に残ったものを選り分けて残った藁先に籾のついたものを盛り広げて「木ぎ」で打ち叩き、これも2人で行っていましたが再度「通し」で選り分け何回か繰り返し行っていました。
 籾は「ひろ」という所に蓄えておいて満杯になるまで何日分も蓄えておりました。
 その日の区切りがついた所で仕事を終え「にわ」を箒で掃いてきれいにして父は馬に餌を与え風呂に火を入れて母は食事の仕度、僕は鶏と兎に餌を与えて、大体このようにして家の中、居間に落ち着きました。稲扱き作業は12日位で終わって、蓄えておいた籾の籾摺りを行うため隣集落の機械を移動して来てくれる方に頼んで来てもらいました。
 ちょっと忘れていましたが、稲扱き中、屋外に放り出していた稲藁は家の横の畑の一角に直径4m程に丸く積み上げて屋根の部分も藁で作った「とば」というものできれいに覆って、雨水の漏れのないようにして保存していました。
 籾摺りとエンジンを2台のリヤカーで運搬して「にわ」に据付して僕は天井から吊るした秤に籾摺りした玄米を運び入れて目方量を確認し、60.5kg位だったと思いますが、米俵に入れて父に渡していました。

         濁酒(どぶろく)の    匂いでどこに   隠しても

                            武男

« 武家屋敷と桜 | トップページ | 田植えが終わりました »

昔の農作業と暮らし」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ