« 北アルプス 白馬、唐松縦走記 前編(昭和43年8月8日~9日) | トップページ | 北アルプス 白馬、唐松縦走記 後編(昭和43年8月10日~11日) »

2012年2月 2日 (木)

雪国の暮らし

2402011s 2402012s

 いつもお米をお買い上げいただきありがとうございます。

 毎日の寒さ厳しき折り、早くも2月になりました。田んぼは厚い雪の下で眠っていて、見える所一面の銀世界です。今は連日のように雪降り続きで、まず朝除雪車の通った後の、家、小屋の出入り口部分の雪よせが朝食前の日課になっています。時には午後も雪よせすることもあります。屋根の雪下ろしは1月中に1階の屋根は3回、2階の屋根は2回下ろしました。新年早々の1回目の時は、帰省中の息子にも手伝ってもらいました。

 昨年もそうでしたが、雪下ろし作業中の死傷事故が多発しており、市の広報等でも繰り返し注意を呼びかけられています。私も今年から雪下ろしの安全のために万全を期することにしました。

 まず、一階の屋根から高さ1.5m位の所に屋根の右、左側と梯子用の3箇所に丈夫な金具を取り付けて、梯子を2階の屋根に立て掛けた時、根元が滑らないようにロープできっちり固定し、横振れもロープで完全に固定します。2階の屋根に上がった私は、腰の安全帯のD環金具にロープを結わえて、大体屋根上の作業範囲を決定してロープを妻に1階屋根上の金具に結んでもらい作業を始めます。それと落下転倒の際用にミドリ安全製のヘルメットを着用しています。体に結わえるロープは私の場合、9m/mの登山用のザイルです。山では持参していても使用したことはありませんが、使い安さは抜群です。

 雪下ろしの道具としてスノーダンプを使用します。両手で持った先に雪が乗るようになったもので力強く押し込んで手前に引いて屋根から落下させます。その時に誤ってスノーダンプと一緒に自分も落下しないようにザイルがその防止をします。屋根は普通の右、左と傾斜になっていて、右側の雪下ろしの時はザイルは左側に固定されています。妻は私の作業中、1階の屋根にいて、私の作業を見守りながら2階から落下した雪を少しずつ軒先から落下させています。この落下させた家の周りの雪も1階の軒先に近づく位になりそれもさらに外側にスコップではね退けなければならなくなります。

 今は南側に少しある庭木は雪に埋まったようになっています。車庫、作業場二棟の外、畑の方にも小さな物置小屋2ケ所あります。これらは時折りの暖かい陽射しに屋根の雪が自然落下した雪も軒先から取り除かなければなりません。

 私は朝食後7時30分過ぎから5kgのブロックを背負ってのウォーキングが日課になっていますが、屋根の雪下ろしや屋根下の雪よせ等長時間作業に及ぶ時はウォーキングを休むことにしています。

 今2月に入ったばかりですが、まだまだ降ると思います。これを書いている今、外は風が強く、吹雪になったのかそんな音が聞こえてきました。

 春分も過ぎ、中旬間近になると雪祭りが方々で始まります。その頃には雪も少しは落ち着くと思いますが、皆さんまだまだ寒い日が続きます。どうかお体を大切にお過ごし下さる様お祈り致します。

  雪晴れの   屋根を見上げて   目で計る

  冬の暮れ   鴨が飛び立ち   波の音

  ボタ雪が   川面に向って   落ちてゆく

               武男

« 北アルプス 白馬、唐松縦走記 前編(昭和43年8月8日~9日) | トップページ | 北アルプス 白馬、唐松縦走記 後編(昭和43年8月10日~11日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ