« 今 冬真っ盛りです | トップページ | 鎮守の春祭り »

2013年4月12日 (金)

もう春の気配ですが

250329s  2503292s  2503293s
 山々を見上げると雪一色に杉木立が頂上周辺から斜め裾野にいく筋にも広がっています。まだ雪消えの気配は遠いように思いますが、もう3月も終わりです。家の軒下にはまだ多くの雪が残り、田んぼにも硬くしまった雪が50cmはあります。例年ですと4月に入ると田んぼの畦も現れ、日差しの強い日には一斉にもやが立ち上り田んぼが目覚めたような現象が起こります。今年は当分先のような気がします。

 雪消えの遅れは農作業へも関係があり、今特に心配の種になっています。今、農作業と言えば種籾の準備と、脱芒と言って籾に付いている針のようなとげを取り去る作業があります。これは撹拌する機械で行うもので4月に入ってからでもと思い、今はまだ作業を始めていません。もっぱらお米の配達、発送の精米を行っています。

 昨年10月の末から始めたウォーキングも12月後半から連日の雪寄せ、雪下ろし作業に追われ中断しておりましたが、ようやく3月の中旬から又始めています。コースも市街中心を通るコースと国道13号脇の歩道を通るコース、それと東に向かい静かな田舎道のコース3コースとも約9kmから10km、家から往復で2時間20分前後、歩数は13,000~14,300歩になります。その日のコースは天候と気分で決まり、ザックには5kgと7.5kgのブロックを用意し、これもその日の気分によって背負い分けています。いずれ2時間以上休憩なしで歩いています。朝7時半ごろ出発して2日~3日続けて、1日か2日休みの間をおいて少しずつ足腰を鍛えたい、そんな思いで実行しています。

 今年は農作業の合間に県内の山に3~4回登り、7月の中頃北アルプスに行く予定です。去年は僕のアクシデントに見舞われ、後半に県内の山に5回登っただけで終わってしまいました。今年のコースは新穂高温泉から左俣林道に入りわさび平小屋に泊まり、次の日、笠新道を経ていつも見慣れた笠ヶ岳(2,898m)に泊まる予定、笠ヶ岳から双六岳(2,860m)三俣蓮華岳(2,841m)黒部五郎岳(2,840m)体力の調子次第でどこまで行けるやら今から胸をふくらませています。丁度その頃は田んぼの畦の草刈作業真っ盛りでなんぼ忙しくなるのかこれも今から楽しみです。

 都会のほうから桜前線、宇都宮辺りまでの情報に、こちらは屋外に出ると気温の低さ、雪の多さでまだまだ春の香りはお預けの感じです。

 東日本大震災から満2年が過ぎました。僕の心には被災に遭われた方々の無念で悲しみの思いは全然薄らいでいません。時がたってもこの気持ちは変わらないと思います。今年も3月11日、妻と悲しみに暮れてしまいました。

 最後に、春とは言えまだ寒い日があります。皆さんお体に気を付けてお過ごし下さる様お願い申し上げます。
    
    雪の下    まだ目が覚めぬ   蕗のとう
    風に揺れ    つぼみもかたく   ねこ柳
    星空を   見上げて雁の   声がする
    まだ寒い   軒のしずくも   一寸だけ
                          武男

« 今 冬真っ盛りです | トップページ | 鎮守の春祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ