« 雨に霞む田沢湖一周のウォーキング  前編 | トップページ | 北アルプス 笠が岳、三俣蓮華、雲の平紀行 (連載1) »

2013年8月25日 (日)

雨に霞む田沢湖一周のウォーキング  後編

2507112s 2507113s

 御座の石到着11時40分。ここで今日初めて大型観光バス5台が続けざまに僕を追い越す。おみやげ屋、トイレにも立ち寄らず速度も緩めず走り去ってしまった。

 御座の石鳥居のそばに大きなあずまやがあるので、そこで昼食を摂る事にする。オニギリ2個と菓子を少し、サーモスの熱い湯でコーヒーを飲んで空腹を満たす。食事の時、定期バスがすぐそばの停留所に止まる。車内を眺めても誰もいない。5分程で発車。おみやげ売り場食堂前に乗用車5台程、丁度昼時なので立ち寄ったのだろう。

 ザックを背負う直前に年配の女の人がこのあずまやに入ってきた。湖面を眺めていて何を感じているのか、僕をちらっと見るような素振りを逃さず僕が「こんにちは」と声を掛けると、元気よく「こんにちは」と返してくれてほっとする。それに続けて何か言っているような聞き取れない言葉を聞き流し歩き出す。

 食事の時、ちょっと寒さを感じ雨具と防水の手袋を着用する。雨にも少し汗にも濡れたTシャツに雨具を着込むとそれが意外と温かく、GORE-TEXだからかなと思ったりする。雨はまだ降っているが湖面も所々広く眺められるようになる。2ヶ所の発電所の放水が道路を横切り湖面に勢いよく合流している。

 いよいよ終点も近づき、レストラン、ホテル等が点在、右側にある老いた松を見上げながら湖岸を見やると、ここら一帯は湖岸からこの道路沿いまで湿原が広がっている。田沢湖の岸辺は砂場と岩、石が大半で湿原はここにしかないように思う。


 遊歩道も見えて、ここは一風変わった風景である。ボート乗場付近にカップルらしき人影が二組ほど傘に湖面を眺めている。

 駐車場着1時25分。相変わらず雨降りである。所要時間5時間30分。軽ワゴンの車内で着替えを終え、温泉でさっぱりしようとここから7km程の水沢温泉に向かうことにする。
     梅雨空に   波の音だけ   岸に寄せ

     霧晴れず   乙女の心   もどかしく

     細波と   赤い鳥居の   御座の石

     廃校に   昔を偲ぶ   山里の

                     武男

« 雨に霞む田沢湖一周のウォーキング  前編 | トップページ | 北アルプス 笠が岳、三俣蓮華、雲の平紀行 (連載1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ