« 山並み、空、田んぼに感謝して | トップページ | 酒田に行ってくる(前編) »

2014年4月 9日 (水)

お久しぶりです

 昨年12月からお知らせ版が途絶えてしまって申し訳ありませんでした。

 途絶えたと言っても自分が書かなかったことであり、今4月に入って改めて長い間一枚も書かなかった事に寂しさを感じています。

 でも、僕にしては一寸理由がありました。昨年11月から今年3月の初めまでの間に文庫本の読み過ぎと、それに昨年に続く豪雪の影響で、12月中旬から2月一杯まで屋根、家の周りの除雪作業もあり、除雪のしない時は朝7時30分からウォーキングの日課で、今も続けています。時間にして1時間45分~2時間、大体9.5km約11,000~12,000歩です。

 田んぼの方はまだ雪の下、種籾、育苗ハウスの準備も4月中旬位からの作業になります。家の周りの冬囲いは4月2日、植木の囲いとも取り外しを済ませました。家の周りの雪は玄関前を除いてまだ多く残っています。

 冬の間、文庫本の読み過ぎと言いましたが、僕は読書も趣味の一つで毎年冬になって農作業がまったく終わった頃から読み始めています。

 今回は昨年11月の初めから今年の3月の初めまで読んだ本を紹介しますと、好きな藤沢周平さんの「獄医立花登手控え」(1)~(4)、白き瓶(かめ)、一茶、等と、これも好きな池波正太郎さんの「剣客商売 番外編 黒白」(上)(下)、他と今まで女性では主に山崎豊子さん、三浦綾子さんの本は読んでいましたが、少し長いものを読みたいと思い、今度始めて平岩弓枝さんのお「御宿かわせみ」(全34冊)を読みました。この冬で合計56冊余り読んだことになります。読んだ後の感動はずっしりと心に残ってしまいました。

 20代前半から少しずつ読んだ本が書棚に並んだのをガラス戸越しに眺めて、読んだ当時の事を間々思い出すことがあります。

 話は変わりますが、NHKのBSプレミアムで数年前から日本百名山の放映をしていますが、これをビデオに撮っておいて、10コース~12コース事にDVD1枚にして、今では4枚になっています。このコースは30分で構成されており、内容も国内外で活躍しているガイドさんと、時にはプロのカメラマンのガイドさんもおり、話題も豊富で実に参考になります。

 僕も登った山も時々放映されると、画面を見ながら妻にもいろいろ話をして、特に高山植物の咲き乱れる場所では説明に熱がこもってしまいます。DVDに取りまとめたもので特に関心のある山、実際に登った山、これから登ろうと予定している山等、時折り再生しながら今年の予定とこれからの山行きの夢を脹らませています。

 今は一面の雪の田んぼですが、まもなく農作業が始まります。今になって感じますが、昨年から今年にかけて豪雪に明け暮れた長い冬でしたが、自分の体力の低下をウォーキングを通じて少しは防げたのではないでしょうか。僕は秘かにそう思っています。

            雪の山  日差しが強く  目を細め

            雁の声  朝日をあびて  空を見る

            畦の跡  雪一面に    くっきりと

                                    武男

« 山並み、空、田んぼに感謝して | トップページ | 酒田に行ってくる(前編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ