« 収穫作業を振り返って | トップページ | 駒ケ岳に行ってきました(2) »

2015年2月 7日 (土)

駒ケ岳に行ってきました(1)

2608281s

2608282s

 いつもお米をお買い上げいただきましてありがとうございます。
 昨年の秋刈取り前に書き留めたものですが、今となっては大分前の物語となってしまいました。それでもどうか一読いただければ幸いです。

 お盆も過ぎて刈取りまでまだ間がある去る8月28日、駒ケ岳に向かいました。我が家の自家用軽ワゴンRで家を朝6時過ぎ、晴天のような少しはっきりしない空模様でも心は駒に向かっているので妻に見送られながら出発するのみです。


 走り慣れた国道105号を角館まで進みそこから右側脇道に入りました。幅のある国道並みの道路でも通行量は少なくゆぽぽ温泉芸術村のわらび座に通じるもので、近くには名所抱返り渓谷があります。角館からわらび座までの右側の山並みを眺めながらの運転は僕のお気に入りで、右の方から和賀岳薬師、朝日白岩岳とややなめらかな稜線、僕の知らない山もあると思いますが左端には大きな裾野を広げた駒ケ岳が悠々と鎮座しているのです。


 わらび座から眺める辺り山並みの両側急峻な谷の深く切れ込んだ所が抱返り渓谷です。ここを通る度思い出すのが僕が小学4~5年の頃、角館の次、神代駅から歩いて抱返り渓谷に遠足に行ったことがあります。一学年3組もあったので一行100人は優に超えていたと思います。渓谷を散策したり、僕は冒険好きだったので充分に楽しんだと思いますが、特に印象にあるのは渓谷を横断する吊り橋を渡ったことで、今でも訪れた時赤い吊り橋を眺め、その頃を思い出します。それに小さなお店もあって色々賑やかに買い物もした記憶もかすかにあります。ここは秋の紅葉シーズンになりますと大勢の人出で角館の武家屋敷、田沢湖、乳頭温泉郷と並んで観光名所になっています。


 さて国道46号田沢湖町から八幡平方面341号の分岐、まもなく田沢湖高原道路に入りますが、ここでまた遠足で田沢湖に行った時のことを思い出すのです。ついでにここでも寄り道してしまいます。341号分岐から1㎞位手前に駒ケ岳を中心とした高山景観を模して駒から運んだ溶岩塊を積み上げ、そこに生育し培養される珍貴な山草、秋田駒全種目を集めた高山植物園があります。僕はこの時も4~5年生だったと思いますが、遠足で田沢湖、当時は生保内でしたが、駅からぞろぞろと小学生の一隊が田沢湖湖畔に進む途中、この高山植物園に見学と休憩を兼ねて一時休息したのです。1時間もなかったと思いますが、植物園をくまなく走り回ったり岩山に登ったりさんざん楽しんだ記憶が残っています。でも、この日は悪天候で駅からずーっと雨にたたられ、植物園も湖畔も弱い雨でしたけれど、その頃は十分な雨具もなく多分かなり濡れた行軍だったと思います。湖畔での思い出は湖岸の白い砂に目を見張り、手ですくったりしたことをかすかに覚えています。(続く)

    川面には    鴨が2、3羽    寒空に

    渓谷の     葉っぱも落ちて    滝の音

                           武男

« 収穫作業を振り返って | トップページ | 駒ケ岳に行ってきました(2) »

登山紀行」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ