« もう2月になってしまいました(29年2月17日掲載) | トップページ | 順調に田植えが終わりました »

2017年3月27日 (月)

もう4月になります(29年3月24日掲載)

2703231


2703232


2703233


2703234


2703235

 いつもお米をお買い上げいただきありがとうございます。

 こちらでは田んぼ一面にまだ雪がありますが、4月に近づくにつれ川面に映る日差しも暖かさが増し、樹木の根元回りも大きく雪解けが進んでおります。周りの青草も眠りから覚めたような、そんな気配のこの頃です。
 農作業の方はまもなく種籾の脱芒を行う予定です。この作業は種籾の針のような2㎜~3㎜くらいの「とげ」を取除く作業で、これを行うことで苗箱に種を蒔く時に、スムーズに育苗機械から流れ落ちて均一に蒔かれるようにするためです。種の蒔く時期は4月20日頃の予定ですが、その前の重要な作業です。

 今年は例年より雪は少なかったものの、この頃の気温の低さで、育苗ハウス周りの雪はまだ多く残っています。昨日の午後、育苗ハウスまでの除雪を行いました。幅1.5m深さ0.4m、長さ15m位でしたが一汗掻いてしまいました。この調子だと雪が全く消えて、ハウス内外の作業は4月10日以降にずれ込むことも、と考えています。
 それまではハウス周りの雪を、早く消えるようにスコップで刻んだりしながら一刻も早い雪解けを待つ気持ちです。

 今、屋内の作業として、皆さんに出荷の際、その都度精米、七分づき等してお渡ししておりますが、昨年の収穫した一部の玄米に少量の害虫、カメムシの被害米の混入が散見されました。今年に入って被害粒を取除く色彩選別機に一度流し込んでほとんどの被害粒は取除いていますが、もし微量の混入が散見されて、もし食べてしまっても人体には何の影響もありませんので安心してもらいたいと思います。被害粒は米粒に黒い小さな点があるお米です。皆さんにお渡ししているお米は特別栽培米農産物のため、害虫、殺菌等の防虫防除等の制限も厳しくされており、どうか現状を理解していただき、今後ともよろしくお願い致します。

 3月は受験と卒業シーズンも終わり、4月は入学のシーズンです。夢一杯の新入生を見送りながら、僕たちも明日に向かって気持ちを奮い立たせる何かを掴み、過ごして行きたいと思っています。

       亡き父の    お墓の前で    春浅し

       友の跡     柿の木残し    春の空

       友の顔     思い浮かべて    春の道

                           武男

« もう2月になってしまいました(29年2月17日掲載) | トップページ | 順調に田植えが終わりました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ