« 雪残る駒ケ岳に行ってきました(3) | トップページ | ガス煙る駒に行ってきました(1) »

2017年10月12日 (木)

黄金の刈取りが始まりました(平成29年9月25日)

2909251


2909252


2909253

 いつもお米をお買い上げいただきましてありがとうございます。



 今日は秋晴れの風もそよぎ収穫の秋も近づいた、そんな気配のする日曜日です。我が家でも数日前から刈取りの準備として作業場の整理清掃等、時折進めてまいりましたが、明日9月25日(月)から刈取り作業を行うことにしました。


 田んぼの稲の生育状況は、春の田植え作業は順調に進んで、生育はその後6月から7月初め気温の低い日が続いたりしてその影響が出なければと心配しておりましたが、7月22日から23日にかけて秋田県は大型の強烈な台風の進路にまともに遭遇してしまいました。大仙市もつうかする雄物川の氾濫、それと土砂災害等と局地的な集中豪雨のため僕の住む大仙市街から神岡方面、協和にかけて洪水の被害が広がってしまいました。その地域の田んぼ等、農作物はもとより、民家の流失、浸水等広範囲に亘り、シーズン前の枝豆の栽培地帯は壊滅的被害を受けてしまったとも報道されました。


 その後、大曲の全国花火大会の前日にも局地的集中豪雨に見舞われ、大会会場の清掃等で夜を徹しての作業により、大会は無事開催されることは誠に喜ばしいことと胸を撫で下ろしていました。7月の22日~23日の台風の北上による災害被害を受けられた方々には本当にお気の毒でございますが、なんとか頑張って一日も早くの復興をお祈り申し上げます。


 僕の所の被害としては、ある一部で田んぼの稲が倒れた個所はあっても45a1枚の田んぼの20%位の被害でした。この部分は長く放置していると籾の品質が下がるので、10日位前刈り取っています。本格的には明日からと言うことで、最初ササニシキから始めて、次の日あきたこまちの順で作業を進める予定を立てております。作柄はまずまずの出来栄えで今年も皆さんには品質の良いお米をお届け出来るものと確信をしております。
 どうぞ今年のお米もよろしくお願い致します。


         秋の空    黄金の跡の   刈田かな

         刈取りの   機械に止まる   トンボかな

         黄金色    頭を垂れて   イナゴ呼ぶ


                    武男

« 雪残る駒ケ岳に行ってきました(3) | トップページ | ガス煙る駒に行ってきました(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ