« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月20日 (金)

ガス煙る駒に行ってきました(2)

2906235


2906236


2906237


 この頂上で視界が全然だめだったことは僕には今まで何回かあるものの遠くからの登山者には非常に残念な気の毒な今日の天候である。登って来た人に田沢湖はどっちの方向ですか、と尋ねられたり、今日はガスの切れ間等一時もなかったのである。食事を終え馬の背分岐10時33分。分岐から馬場の小路へ急峻な下りにかかる。

夫婦とおぼしき登山者が下山しようとしているのを見て、僕は二人にここの下りは非常に危険で落石の箇所があり、下りた所は一帯に残雪が多く広がっており軽アイゼンも必要で引き返した方が良いと話をして僕は下山を始める。少しすると大きな声で「私たちは下るのを中止しました、ありがとうございました。」と言うのが聞こえてきたのである。僕もほっとして慎重に下りながら途中男性4人のパーティが登って来た。僕はヘルメットを着用していて山側に身を寄せて待っていると、パーティの一人が「ここはヘルメットを着用しないとダメだな。」等と仲間と話し合いながら「ありがとう」「ありがとう」と礼を云いながら話しかけて登って行ったのである。

 馬場の小路は全くの雪の世界、駒池も雪の下、チングルマは小さなつぼみで残雪は今までにない位多く軽アイゼンは絶対必要な場所。でも登ってくる人、下ってくる人は全く軽アイゼンの着用なし。僕の前を下る夫婦は妻と思われる人の足元の不安定さに少々心配になってきた。又、30人位のパーティが登って来た。そのすぐ後にも15人位のパーティも登って来た。登る人の足元を見てみると誰もアイゼンを着用していないのである。今は6月末、まもなく7月、よもやこんなに残雪があるとは予想していなかったのか。今日、幸いにもやわらかい雪質のため何とかなったと思うが、夜気温が下がって雪面がもう少し固くなっていたら転倒者が続出したと思うのである。

 間もなく大焼砂の分岐が見える辺りで少しガスが晴れてきた。斜面にはまだ女王コマクサは顔を出しておらず、7月も上旬頃になると一帯はコマクサで染まるのである。分岐を過ぎ横長根までの楽な下りにはゴゼンタチバナ、コイワカガミ等が咲いていて、風景は望めなくても充分に楽しさを味わいながら横長根分岐12時21分で休憩と決め込む。ゆで卵2個とコーヒーでひと時を過ごすも僕一人だけの憩いの場である。

 休憩後、階段をゆっくりと下りだし、ここではウラジロヨウラク、タニウツギ、サラサドウダンを眺めながら、又もコイワカガミの群落を横目に間もなく温泉の香り漂う国見温泉から駐車場着1時45分。靴を脱ぎ着替えをし2時10分駐車場を後にする。今日は展望は望めなくても、雨も降らずしっとりとした山行きだった。


             残雪の   重みに耐える    駒池や

             チングルマ    馬場の小路の    主役なり


             阿弥陀池     ガスに煙って    話し声


                                         武男

2017年10月16日 (月)

ガス煙る駒に行ってきました(1)

2906231s


2906232


2906233


2906234

 いつもお米をお買い上げいただきましてありがとうございます。
 6月18日(日)国見温泉から駒に登って一週間がたち、その後朝のウォーキングも実行し、足の調子も上々の6月23日(金)、完全に晴れるともいえない予報の空模様、それでも馬場の小路のチングルマ、周囲の残雪の状態など是非確認したいと思い自宅を出発。国見温泉登山口駐車場着、6時50分。自宅から1時間一寸、今日は先回と違い広い駐車場には2台があるだけ。6月の平日はこんなものかと納得。7時丁度、旅館手前からコンクリート丸太を横にした階段を登り出す。

 間もなくの左側の登山届箱を開けてみると、前夜の風雨の吹き込みで用紙が全部水濡れになっている。記入も出来ず扉を閉めて、つづら折りの急登を登り出す。階段が終わって木道になり、コイワカガミが目に留る。このコース横長分岐まで最初の急登の他は木道と大きな石のゴロゴロとした登山道、時には丸太の階段等あってもどちらかと言えばなだらかに高度が上がる、そんなコースである。

 ここ横長分岐までは登山口から1時間と少し、登って来た人、下山する人等で休憩地点になっているが、展望はもう少し先になる。今は誰もいないが、分岐を右に駒方面に歩を進めて、じんわりとした登り、30分もすると第二展望台になる。ここまで来ると今日の目指す駒全景を眺めることが出来るのだが、今日は全くの視界ゼロ、全然見えないのである。風も少し強くなってきて雨具を着用する。こんな時は足元の植物の花を眺めながらの登り、これも楽しいものだが、大焼砂分岐まで来ても行き交う登山者一人とも出会わない。寂しい限り、遠くの人影もガスで見えず話し声等もなく、分岐を過ぎてザラザラした砂礫地帯。傾斜のある登り、前方の尾根横岳まで今日一番の難所である。横岳分岐着9時2分。ここにも人影はなく分岐を後にして阿弥陀池ほとりの小屋に立ち寄る。ここまで来るとさすが悪天候なれど8合目までのバス運行で登山者も多くなっている。

 先回は男女岳に登頂したので今回は男岳に登るため馬の背分岐から男岳を目がけて登り出す。男女岳には階段のつづら折りの急登であっても比較的安定した登りに対し、男岳には急峻な登りが待ち受ける。馬の背分岐から20分程で男岳頂上(1,623m)9時54分着。頂上でオニギリ2個、熱いコーヒーで昼食には早めの食事をしていると、埼玉から田沢湖駅まで夜行バスで来たという6~7人男女のパーティと出会う。その中の青年のシャッターを押してやり、他にも女性の一人旅、男性二人パーティと男性の一人旅もいる。

(続く)

2017年10月12日 (木)

黄金の刈取りが始まりました(平成29年9月25日)

2909251


2909252


2909253

 いつもお米をお買い上げいただきましてありがとうございます。



 今日は秋晴れの風もそよぎ収穫の秋も近づいた、そんな気配のする日曜日です。我が家でも数日前から刈取りの準備として作業場の整理清掃等、時折進めてまいりましたが、明日9月25日(月)から刈取り作業を行うことにしました。


 田んぼの稲の生育状況は、春の田植え作業は順調に進んで、生育はその後6月から7月初め気温の低い日が続いたりしてその影響が出なければと心配しておりましたが、7月22日から23日にかけて秋田県は大型の強烈な台風の進路にまともに遭遇してしまいました。大仙市もつうかする雄物川の氾濫、それと土砂災害等と局地的な集中豪雨のため僕の住む大仙市街から神岡方面、協和にかけて洪水の被害が広がってしまいました。その地域の田んぼ等、農作物はもとより、民家の流失、浸水等広範囲に亘り、シーズン前の枝豆の栽培地帯は壊滅的被害を受けてしまったとも報道されました。


 その後、大曲の全国花火大会の前日にも局地的集中豪雨に見舞われ、大会会場の清掃等で夜を徹しての作業により、大会は無事開催されることは誠に喜ばしいことと胸を撫で下ろしていました。7月の22日~23日の台風の北上による災害被害を受けられた方々には本当にお気の毒でございますが、なんとか頑張って一日も早くの復興をお祈り申し上げます。


 僕の所の被害としては、ある一部で田んぼの稲が倒れた個所はあっても45a1枚の田んぼの20%位の被害でした。この部分は長く放置していると籾の品質が下がるので、10日位前刈り取っています。本格的には明日からと言うことで、最初ササニシキから始めて、次の日あきたこまちの順で作業を進める予定を立てております。作柄はまずまずの出来栄えで今年も皆さんには品質の良いお米をお届け出来るものと確信をしております。
 どうぞ今年のお米もよろしくお願い致します。


         秋の空    黄金の跡の   刈田かな

         刈取りの   機械に止まる   トンボかな

         黄金色    頭を垂れて   イナゴ呼ぶ


                    武男

« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ