« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年12月

2017年12月14日 (木)

今年も間もなく終わりです(2)

2711104s_2


2711105s_2


2711181s




樹木はブナ、ミズナラ、トチの木等、背丈もあり東部奥羽背梁山脈にふさわしい薬師岳への奥深さを感じながら徐々になだらかな登りにもきつい登りもありで途中ブナの大木の根元で休憩を決め込みました。駐車場を出発が9時18分、ここで11時丁度、握り飯1個とドラ焼1個、せんべい4枚、それに熱いコーヒーを飲みました。


約30分の休憩で出発、ここからも落ち葉の中を進んで少し展望が開けてきました。右側に大甲山(1,108m)曲り甲山(1,013m)等が広く眺められます。薬師岳は左側の灌木に遮られまだ全容は見えません。ここら辺りから尾根のキツイ登りになって薬師岳もドーム状の全容が姿を現しました。大甲山コースへの分岐を過ぎ、灌木とチシマザサの登山道を左に巻くようにして頂上(1,218m)に到着、12時55分。周囲360度遮るものなし。東には薬師平から小杉山、和賀岳が秋空にすっきりと眺められました。

 僕は、今から30数年前になりますが、2回ほど日帰りで薬師岳、小杉山から和賀岳、大甲、曲甲山等に縦走に駆け巡った当時を思い出し、元気な時もあったんだとあらためて当時との体力の違いを認めることになるのです。頂上発1時5分、途中も落ち葉に気を付けながら静かに下山、途中でナメコを採集、2か所で見つけ大事に持ち帰りました。駐車場着3時45分、今日は工事中の人と話をしただけで登山者とは会うことはありませんでした。でも頂上で晴天、天空を独り占めできたことには感謝感激しました。

 今年もまもなく一年が過ぎます。つたないお知らせ版にも一年お付き合いいただきありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。

 最後になりますが、これから本格的な冬がやってきます。どうかお体を大切に、元気で来年の春を迎えるようにお祈り致します。


          渓流の    流れの速さ   白波に 

          清流に    落ち葉が流れ   岩になる

          木々の間に    枯葉が残り    月に散る

  

                武男

今年も間もなく終わりです(1)

2711101s


2711102s


2711103_2




 いつもお買い上げいただきありがとうございます。

 11月19日から20日に亘り新雪がどっさり降りました。とうとう降って来たかとの思いで家の前等スノーダンプで雪よせを行いました。屋外にある水道の蛇口の凍り止めをしながら空を仰いで、このまま根雪にはならないだろうと思っておりましたが、今日11月22日は朝からすっきり晴れ渡り一面まぶしい位の新雪が輝いています。家から眺められる山並みももうすっかり冬景色です。このままどんどん積もることはなく一段落して12月に入ってから本格的になると思います。

 また今年も自然災害が多く発生してしまいました。九州地方の甚大な災害、その後東北地方、とりわけ秋田県大仙市周辺の災害、全く目を覆いたくなるような土砂崩れ、河川の氾濫で農地家屋の土石流の滞留等、これからの復興事業も長期に亘ると思いますが、事業の関係者の皆さんにはご苦労さまでございますが、出来るだけ早い復興をお祈り致します。

 さて11月10日晴天の日に今年最後になるだろうとの思いで太田町の薬師岳(1,218m)に登山しました。この山には平成になる前から何回か登ったことがありますが、数年前の崩落等で通行止めになっていたこともありここ10年近く登っておりません。最近通行止めも解除されて登山口まで車を進めることが出来ました。途中工事中の箇所がありましたが、工事関係者の誘導もあり、久しぶりに真木渓谷の景勝地を望むことと、山並みの紅葉の美しさを堪能することが出来、山に登る前から気分が高ぶってきます。

駐車場から林道を進んで左手に冷たい水が流れ出している「甘露水」と呼んでいるすぐそばから登りが始まります。静かな登りというか、落ち葉を踏んでその音だけが聞こえます。周囲の樹木もほとんど葉っぱを落とし、登山道が分からない位に積もっていて秋も深まっている感じが一層強くなっています。

(つづく)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ