« 2018年8月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年11月

2018年11月 8日 (木)

紅葉の駒ケ岳に行ってきました(10月30日号)

3009291s


3009292s


3009293s

 いつもお米をお買い上げいただきありがとうございます。

10月も末になり、山並みの頂上付近は紅葉も終わりに近づき、寂しい感じになってきましたが、裾野の紅葉はまだこれからです。

 晴れマークの先月9月29日(土)八合目までバスで上がり7時38分、登山開始。この時の登山者は20人程でそれぞれに歩き出す。今は紅葉シーズンで少し多く感じる。

阿弥陀池分岐着9時13分、馬の背分岐9時22分、ここからの急峻な尾根をよじ登り男岳頂上(1,623m)到着9時50分、360度の展望、田沢湖から鳥海山、森吉山、乳頭山、岩手山、遠くには早池峰山も霞んで見える。

すると、南方面(金十郎尾根頂上直下)から昨日栗駒に登って来たという栃木の青年としばし話し込む。私も以前、男体山、日光白根山に登ったことがあると話をしたり、シャッター押しを頼んだりしてこれからどっちに行くのかと聞くと、台風が近づいているので今回はこれで帰る予定と言う。

別れた後、お湯を沸かしてラーメンを茹で、それにオニギリを入れた温かい食事で満足する。それとムーミン谷の馬場の小路、駒池、大焼砂の稜線等、又馬の背を登っている一人二人の登山者を眺めながらの食事、今日は最高の眺望、云うことなしである。

頂上発10時35分、薄雲が広がり少し風が出て寒い感じになって来て頂上に誰もいなくなった。阿弥陀池周辺の木道を進み避難小屋近くから男女岳に登り出す。

初め石畳から次第に階段状になり急な登りになる。喘ぎながら頂上(1637.4m)着11時40分。今は天気も良く熱いコーヒーとゆで卵、菓子をほおばる。

12時丁度下山開始、田沢湖は見えるが岩手山は雲に隠れる。女目岳分岐着12時17分、避難小屋周辺には大勢いて賑やかだ。今天気は薄雲があっても明るく登山者の声が弾んでいる。

八合目着1時35分、バスは2時05分、下山登山者も大勢集まって来た。今日の行程休憩昼食時間含めて約6時間。男岳、女目岳登山、急坂ではしんどく立休みが多くなった。年のせいなのかな~と思う。

   


   馬の背の  人影動き    草紅葉

   田沢湖と   ホテルが   並び駒仰ぐ

   バスの音が   駒にこだまし   ナナカマド

   ナナカマド   秋に向かって   実を残し
           

                         武男

今年の稲刈りも終了しました(9月27日号)

3009241s


3009242s


3009243s

 いつもお米をお買い上げいただきありがとうございます。

 この付近では台風、豪雨等の影響もなくたわわに稔った稲穂を9月19日晴天の午後から刈取りを始めました。丁度その頃、ほど良い風も出てきて気分よくコンバインを運転して今年初作業でコンバインの調子等も気にしながら、稲穂がざわざわと揺れながらコンバインに刈り込まれ籾を切り、わらに分離され、籾はコンバインの籾タンクに流れ込み、わらは10センチ程に切り分けられてコンバインの後部からさらさらと流れ落ちます。

籾タンクは満杯になると軽やかな音量が発せられ、一時刈取りを中断して路肩の軽トラックの荷台に籾を放出します。この作業を2回繰り返して作業小屋の乾燥機に運搬し乾燥機の容量一杯になると今日の刈取り作業は中止し、乾燥運転を行います。

大体午後3時頃の運転開始ですと翌日の早朝6時頃乾燥完了になります。私は高温乾燥でなく、乾燥時間が長くなりますが美味しいお米の品質を損なわないよう気をつけたりしながら作業を進めております。

 乾燥の終わった籾は乾燥機に据え付けてある水分測定で制定された数値で運転は自動で停止しておりますが、自分でも別の測定器を使って再度水分を確認します。水分14%台は合格です。

乾燥の終わった籾は一旦2mほどの高所に設備した籾タンクに乾燥機から移動させます。移動した籾は雨天の日等で屋外の作業が出来ない時、高所の籾タンクから100㎜のパイプを通って丁度の所にある籾摺り機に流れ落ちます。この機械で籾殻と青米、小米と良質の玄米とに分別されます。

籾殻は屋外に放出され後日田んぼに運搬します。玄米は白米等にして皆さんにお届けするものです。今年のこの一連の作業を通して感じたことは稲の生育中、一時気温の変化があって株間分けつの本数が例年より少ないように感じました。そのために10%ほど減収は覚悟しておりますが、玄米の質がここ数年にない光沢のある美しい玄米です。必ずや今年も皆さんに美味しいお米をお届け出来るものと自負しております。

 これからもどうぞよろしくお願い致します。

 9月12日(水)晴天の日、田沢湖町乳頭温泉郷、蟹場温泉登山口、乳頭山手前の田代平山荘、孫六温泉分岐、孫六温泉、蟹場温泉登山口まで歩いてきました。その時の句です。


      木道に    リンドウ咲いて    草紅葉

      駒ケ岳    遠くになりて    田代平

      ブナ林    木漏れ日踏んで    根も踏んで

      水場あり   日向に休んで    鳥の声

(休憩も含めて6時間20分の行程でした。)    武男

« 2018年8月 | トップページ | 2019年1月 »

フォト

あきた柳田農園のあきたこまち

がんこおやじの写真たち

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ